QLOOKアクセス解析

野ぶどう色

気に入ったアイテム、ジャンプ感想、音楽、健康に関する日記…主要記事は「メニュー」に項目とリンクがあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008 ジャンプ21号(4/21) 

・ハンターハンター
なんとなく和んじゃったヂートゥが一瞬でー!

・バリハケン
これまでで一番面白い。
なんとなく通っちゃった理屈も、これまでで一番すんなりきた。
ヲタクを隠すために、ヲタク狩りをいいわけにする。
しかも、各地の行動にちゃんと理由ができてしまっている…
部活助けに行くよりもこっちの展開の方がずっと好き。

・ダブルアーツ
一番好きなマンガなんだけど、ちょっと戦闘民族の存在には驚いたかも…
違和感、ある…
3回ふられたっていうあたりはこのマンガらしかったんだけれど。
超強いキャラの長い解説が入るとは思いませんでした。

そしてワンピースはとても楽しそうでした。
すごく行きたいと思いました。これは話に関係ある感想なんだろうか。
あの島がすごく楽しそう、乗り物が楽しそう、シャボン玉素敵という…w

何か思い出したら付け足します。
スポンサーサイト
[ 2008/04/28 22:49 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

ジャンプ感想メニュー2008年 

2008年ジャンプ感想


21号
22・23号
24号
25号
26号
27号
28号
29号
30号
31号
32号
33号
34号
35号
36号
37・38合併号
39号
40号
41号
42号
43号
44号
45号
46号
47号
48号
49号
50号
51号
52号




[ 2008/04/28 22:30 ] メニュー | TB(0) | CM(0)

That’sQT 

That's QT(ザッツ キューティー)That's QT(ザッツ キューティー)
(2008/04/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る

That’sQTのDS版が発売され、楽しくプレイしている日記が増えてきている。
本当に楽しかったなーと、私も感想を書くことにw
DS版は持っていないので、PS版の感想だけになるけれど。

ファッションのお店を開くゲーム。
「ザ・コンビニ」みたいな経営面は極力少なくなっていて、
自分の作った服を流行らせたり、買ってもらったり、PRしたり、自分が着替えたり…
作って着せる・着る・売る。ということが重点的な部分。
かるーい気持ちでプレイできる。
流行を作るためにちょっと考えることがあるぐらい。

売り上げよりも作った服を着てもらうのが嬉しい。
街を歩いていて、自分が作った服を着ている住人に会うと嬉しくなる。
自分でデザインするのではなく、服のイメージを街の住人から聞いて、思いついたものに色をつけて売り出す。
服自体は最初からあって、決められるのは色だけ。
それでも服の種類がいっぱいあるので、飽きないし楽しい。
ステージが進むと、お店のレイアウトを自由に決められるようになるのもいい。
ジャングル風が大好きだった。着替えの時にカーテンが滝なのw

アイテムの中では、メガネというかモノクルはすごく流行る。
ほほ紅も強力だったな。
キグルミやヅラなんていう、キワモノもあったりして…(頑張ってもあまり流行らない…)
キグルミは、スペースを沢山とるから置きにくいのが難点。

ライバルもいて、それぞれ同じように自分の服を流行らせてくる。
客はファンでもない限りは自分の作った服と、ライバルの服を混ぜて着てることが多いので…カヲス。

好き勝手に服を作って売り出したいところだけど、あまりにも統一感がない物を売っていると、コンテストで負けるんだよね…
だから、色かデザインの主力を決めて売り続ける必要が出てくる。
コンテストに勝たなくてもいいステージなら、そういう戦略をとらなくてもいいんだけど。
あ、あとコンテストは、勝つとCDがもらえるからやっぱり勝てるようにしておいたほうがいい。
(CD=ゲーム中のBGM)

マイナーなゲームなので、DS版はもっと沢山流行ってくれるといいなあ。



記事作成の時に「That'QT」というテーマを発見!
かりんと みりんぼしさん
こちらの方はいままさにリアルタイムでDS版を楽しんでらっしゃいます。
なんか…すごく嬉しい。


ゲーム感想メニュー
[ 2008/04/28 01:21 ] そのほか感想 | TB(1) | CM(2)

零 

Wiiで、の新作が出ると聞いたので。懐かしい。
初代をいちどやったきりですが、その時の感想を。

ホラーゲームはPS2だと血がいっぱい出たりモンスターがいっぱいいたりするのが多かった。
じめじめ、じわじわと、湿度の高い現象でのホラーはすごく少なかった。
ゲーム紹介見てもまた血かあーと、食傷気味で。
そんな中ではすごく期待した。
画面写真見ただけでw

いざプレイすると、本当にこれが怖い。
バイオでいつおそわれるかドキドキしながら歩くのとは全然違う。
まず、無駄に敵(幽)が出てこない。
しーんとした中、廃墟になった日本屋敷を歩き回るのが怖すぎ。
敵というよりも、ふっと何かが見えたり、音がしたりの現象の方が多くて、また怖い。
が襲ってきたら、わーきゃーいって、カメラで頑張って戦えるんだけど…
締め付けるような雰囲気の中、息を殺しながら歩く時間の方が長い…
神経が持たなくて、長時間プレイできなかった。
大好きなんだけど、怖い。
画面と音でこんなに怖がらせることが出来るって、すごい…
タイミングとか、計算されつくしてると思った。

しばらく鏡を見るのが怖かったなあ。ゲームの中で怖いのは鏡だけじゃないんだけど、日常でも見えそうなのが鏡。
夜中歯みがいてると、洗面台の鏡の中の自分の後ろになんか立ってそうでみれなかった。

あと、アクションとしての難易度は高いほうだと思う。
緊張しまくりだから、上手く動けないし…


ゲーム感想メニュー
[ 2008/04/28 00:00 ] そのほか感想 | TB(0) | CM(0)

六門>新六門シリーズ3冊 

新六門世界RPGリプレイ(1) 呪われ剣士と夢の島 (ドラゴンブック)新六門世界RPGリプレイ(1) 呪われ剣士と夢の島 (ドラゴンブック)
(2004/08/20)
北沢 慶、グループSNE 他

商品詳細を見る
新六門世界RPGリプレイ(2) 守られ騎士と死者の鍵 (ドラゴンブック)新六門世界RPGリプレイ(2) 守られ騎士と死者の鍵 (ドラゴンブック)
(2004/12/18)
北沢 慶、グループSNE 他

商品詳細を見る
新六門世界RPGリプレイ (3) やりすぎ射手と燃える森 (ドラゴンブック)新六門世界RPGリプレイ (3) やりすぎ射手と燃える森 (ドラゴンブック)
(2005/08/20)
北沢 慶、グループSNE 他

商品詳細を見る

「呪われ剣士と夢の島」
「守られ騎士と死者の鍵」
「やりすぎ射手と燃える森」
の3冊の感想。

1,2巻はダイス運が悪かったり作戦に失敗したりで、大活躍とはかなり遠いところにある
このパーティ。
戦闘もいつもボロボロで、「同時攻撃」というこのゲームのシステムに毎回泣かされている。
(イニシアチブで同じ出目になると、特殊な行動が取れなくなり、打撃力のみの勝負になる。
相手の出した全ダメージを、喰らうほうで頭割りするだけのターン。敵味方両方喰らう。
魔法使いなどの後衛が主力なパーティは絶対に避けたい)

また失敗したー、とか
戦闘で死にそう、とか
いきあたりばったりすぎー、とか
毎回窮地におちいるのをネタとして楽しむのが1,2巻。
いつもいつもひどい目にあっているから…

3巻は、これまでのマイナスに働いてきた部分が…
…ものすごくいい方向に転がった。
GMも言っていたけれど、結果オーライすぎ。
いきあたりばったりのひどい作戦と、同時攻撃の連続であっさりと難関を突破してしまった。
(PLとしてはかなり間違った方向のやりかただったのに、ベストな結果が出た)

1,2巻は盛り上がりとしてはそんなにないけれど
この3巻への「ため」になってる気がする。結果として。
おかげで3巻はかなり面白く読めた。

パーティメンバーもノーランとニムの個性が強くてとても面白い。
ノーランはダイス目の悪さが強力な武器に。
ニムはダイス目の悪さがより最悪な方向に。
とても楽しく読めたシリーズ。
戦闘部分は把握するのはややこしいけれど、他はとても読みやすいリプレイだった。


[ 2008/04/27 20:27 ] そのほか感想 | TB(0) | CM(0)

That'QT発売。 


発売された。
PS版は2周して、その2周ともラストステージでバグが発生して
クリアできなかったなあ…

このゲームは本当にぷちぷちとプレイするのが楽しい。
街の住人が自分の服を着てるのをみるのもすごく楽しい。
マイガーデンやアストロノーカをプレイした人ははまれると思う。
あとワーネバ。
経営面は難しくない、お店のレイアウトと服を決めていくだけでいい。手軽にはまれると思う。

たっぷりやりこんだので、移植でどれぐらい追加要素があるか見てから買うか決めよう。
[ 2008/04/25 21:00 ] そのほか感想 | TB(0) | CM(0)

作ってみた 

作ってみました。
とりあえずは、テンプレートをさがすところから。


ここって文字の大きさが中途半端な気が。
中ぐらいにするとちょっと大きすぎ、通常だと小さすぎ。
[ 2008/04/19 18:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

つゆくさ。

Author:つゆくさ。
ゲームの話、音楽の話
ライトノベル・ジャンプの感想。
ちょっと不思議な話、オカルトの話。
時々、健康に関する話題やエクササイズの話など
とりとめなく書いています。

金魚
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。