QLOOKアクセス解析

野ぶどう色

気に入ったアイテム、ジャンプ感想、音楽、健康に関する日記…主要記事は「メニュー」に項目とリンクがあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009 3月 ジャンプ感想 

久しぶりなので、タイトルも号ではなく月で。

四ッ谷怪談
うーん、なんか中途半端だなー。
このホラー演出は雰囲気あって好きなんだけれど。
これ、一回完全に犯人視点だけで展開してみて欲しいな。
そしたらいいホラーになると思うんだ。
仕掛けしてる風景を事前に知ってると、怖い演出が効果半減でもったいない。

逆に、しぶとい犯人を追い詰めるためとかいう設定で
「仕掛け人パート」をもっと濃くやるとか。
相手をひっかけるための伏線を張るだけ張って、最後にその伏線がどれだけ効果的に発動するのかを楽しむような。

本番まで、仕掛けの全貌がわからないようにして
犯人を相手にした時に初めて仕掛けの意味がわかったり
相手がうまいことはまってくれたカタルシスがあったり。
推理漫画で犯人あぶりだすのに近いかも。

ワンピース
今週はシャンクスが出たシーンが最高潮。
もうどうやってこの島にきたのかとか、整合性はどうでもいいや。
とにかく小さい理屈とか、なんもかも忘れて盛り上がった。

サイレン
上書きされていく未来が面白い。
これって、アドベンチャーゲームになったら面白いよ。
姉とイアンが生きてるようになったんだね。他にも生存者いっぱい。
…オジキは?

それにしても、まだマツリ先生の生存ルートは確保できてないのか。

なによりも、今回また「帰れない」予定のアゲハたちが心配。

そういえばこの漫画、打ち切りの危険性あったんだよね。
生き残っててくれて本当によかった。

銀魂
銀さんが完全に心が折れた(ように見えた)先週
本心を言葉に出した今週
今回の話は、今までよりも銀さんの心情に深く入ってるような気がしたなあ。

黒子
料理の回が最近では一番面白かったw
ああいう話が好きだ。
絵でも間でも大変笑わせてもらったw

リリエンタール
終わっちゃうの…??
もったいない。

スポンサーサイト
[ 2010/03/29 23:49 ] ジャンプ感想 | TB(0) | CM(0)

「あなたの一押しの一冊はなんですか?」 

この前も書いたけれどお金のいらない国かなー。

お金がいらないって概念や発想ってなかなか出てこない。
水や空気と同じぐらい生きるのに必要なものって思い込んでいるけれど、本当はそうじゃないんだよねえ。
お金じゃなくて、それで手に入れられるものが必要なんだ。

上のリンクでも本になってる前半部分だけ読める。
本当に平和で、ゆったりしてる。
悩みとか少なそう。トラブルも犯罪も少なそう。

トラックバックテーマ 第921回「あなたの一押しの一冊はなんですか?」

[ 2010/03/16 06:18 ] メニュー | TB(0) | CM(0)

J牧場の悲劇 

あるところに、Jというおじさんが経営する牧場がありました。
J牧場の動物たちはとても賢い働き者ばかりで、その良質な毛や乳は町中の評判でした。

Jおじさんは、動物たちをとても大事にしました。
オオカミや野犬から守るための高い柵をつくり、暖かい小屋を建て、エサも充分に与えました。
でも、それは別に動物たちのことが好きだからではありません。
がめつい欲張りJおじさんは、自分が豊かになるために、その元になる動物たちを大事にしていただけなのです。

動物たちもそれは承知でした。
確かにJおじさんはひどく短く毛を刈り込むし、カラカラになるまで乳を搾ります。
それでも、柵や小屋やエサのある暮らしが良かったので、ブツクサ文句を言いながらも、暴れたりせずに大人しく暮らしていました。

さて、J牧場が始まってから何年かが経ち、動物たちの様子も変わってきました。
はじめのうちはありがたがっていた柵や小屋やエサに、すっかり慣れてしまったのです。
動物たちは以前にもまして文句を言い、あまり働かなくなりました。

そこへやってきたのが、アルバイトのM君でした。
M君は、人間と動物の両方の言葉が分かるニワトリを味方につけ、動物たちに優しく語りかけます。

「君たちはこの牧場の主役なのに、どうして黙ってあのおじさんにこき使われているんだい?」
「もしボクが牧場主なら、もっと安全な柵をこしらえるし、もっと広くて暖かい小屋を建ててあげるよ。エサだって今よりもずっとたくさんふるまうし、あのおじさんみたいに君たちをこき使ったりしないのにな」
「なあみんな、ここはボクと力を合わせて、あのおじさんを牧場から追い出そうじゃないか!」

ニワトリが伝えるM君の言葉に、だいたい三分の一くらいの動物が賛成しました。
もう三分の一は、出来すぎた話をかえって怪しく思いましたが、それでもJおじさんへの不満の方が強く、しぶしぶながら賛成しました。
最後の三分の一は今までのM君の行いを覚えていたので、全く賛成する気にはなりませんでした。
M君は今まで、よく掃除やエサやりをサボったり、こっそり牧場のお金をネコババしたりしていたのです。
ところがニワトリは、そんなことはちっとも話しません。
M君が主になったあかつきには、特別に母屋で暮らすことを約束してもらっていたからです。
その一方で、Jおじさんの悪口を、朝、昼、晩と叫び続けます。
そうこうしているうちに、すっかりその気になったほとんどの動物たちは、ついにJおじさんを追い出してしまいました。

さて、新たに牧場主になったM君は、動物たちにこう言います。

「まずはみんなに上等なエサを配らなきゃ。でもそのためにはみんなにもうひとがんばりしてもらわないとね」

高級なエサをもらうために、動物たちは今までよりもっともっと短く毛を刈られ、乳を搾りつくされました。

「あと、立派な小屋を建てるには、たくさんのお金がいるんだよ。協力してくれるよね?」

M君はそう言って、全ての動物たちから舌を引き抜いてしまいました。

「ちょっと痛いかもしれないけど、みんなの幸せのために我慢しておくれ。こいつは街へ持っていけばいいお金になるんだよ。」

動物たちは「何かおかしいな」と思いましたが、危険を知らせる役目のニワトリがあいかわらず「M君バンザイ!」と大喜びしているので、「たぶん大丈夫だろう」と思いました。

「みんな、ありがとう!この牧場が本当に豊かになるまで、あと少しだよ。手っ取り早くお金を手に入れるには、お肉を売るのがいちばんさ!」

M君はそう言って、全ての動物たちから、なんと前脚を一本ずつ切り取ってしまいました。

こうなってはもう、怪しいどころではありません。
もはや一匹も、M君やニワトリの言うことは信じていませんでした。

でも、誰も、どうすることもできませんでした。
暴れようにも三本の足だけでは走ることさえできません、
M君を追い出す相談をしようにも、舌がなくては声を出すこともできません。
運よく逃げ出せたとしても、となりの悪名高いK牧場やC牧場につかまって、食肉にされてしまいます。
動物たちは立派な小屋の中で、豪勢なエサを前に、寒さと怒りに震えるだけでした。

ところが、動物たちの受難は、これで終わりではありませんでした。
そもそもM君は、実ははじめからK牧場やC牧場と取引をしていたのです。

「じゃ、そろそろ仕上げと行くか」

いきなり、となりの牧場からたくさんの動物がやってきました。
大人しいJ牧場の動物たちに比べて、気性が激しく乱暴で、ただ数だけはやたらと多い、C牧場やK牧場の動物たちです。
新しく来たよそ者は、J牧場の動物たちの毛や乳を売って得たおいしいエサをむさぼり喰らい、舌や足と引きかえに建てた大きな小屋を我が物顔で占領してしまいました。

「こいつら掛け合わせて、ガンガン生ませて頭数増やそうぜ。『J牧場産』てことに変わりはないんだし、黙ってりゃわかりゃしねえよ。今まで通りのJブランドで、しかも今度は肉の販売までできるんだから、儲かりすぎて笑いが止まらんぜ」

M君はそう言ってニヤニヤ笑っています。

K牧場とC牧場の主もケタケタ笑っています。

ニワトリは叫びます。

「J牧場バンザイ!J牧場バンザイ!みんな仲良し、みんな平等、幸せいっぱい!」




あるところに、Jというおじさんが経営する牧場がありました・・・。




mixiのあるコミュからの転載。
ニワトリ=マスコミなので、このカテゴリに。
JやM、KやCは一体何なのか、だいたい予想ついてる人もいるでしょう。

去年の10月に書かれたものです。

…今は、どのあたりかな…
人権擁護法案や児童ポルノ規制法案が通ったら、舌を抜かれるところまできてしまうな。
[ 2010/03/16 00:09 ] 変態新聞・報道関係 | TB(0) | CM(0)

「犬のおやつ」 

326 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/03/05(金) 03:24:49 ID:qMR6EZUc
近所の喫茶店に犬がいる。
雑種らしいが結構大きくて、茶色い毛がモフモフしている。
お利口さんで大人しい彼は客のアイドルなんだが、ちょっと前から店のメニューに
「犬のおやつ:五百円(但し、三時に一食限定)」
というのが加わった。

私は一度だけ頼めた事があるのだが、おやつをあげた後は犬がずっと横でお座りしててくれる。モフり放題。
そして、後から入ってきた常連さんの
「あっ!……今日は遅かったか……」
という呟きに感じる優越感。
三時ちょい前に行くと
「『犬のおやつ』下さい!」
「ちょっ、あなたこの前頼んだでしょ!今日は譲って下さいよ!」
という常連さんのやり取りがたまに聞ける。お客の多い休日なんかは争奪戦。
犬も可愛いが、そんな常連さん達も可愛い。
[ 2010/03/10 00:32 ] なごむ話・猫 | TB(0) | CM(0)

スイーツガム食べた 

ブルーベリーチーズケーキ味。

ブルーベリーガムの中にチーズケーキ味のソフトキャンデーが入ってる。
香りは確かにチーズケーキ。
でも、ブルーベリーの味が強くてあんまりチーズケーキじゃない。

歯ごたえは結構強い。もちもち?してる感じ。
[ 2010/03/09 03:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

つゆくさ。

Author:つゆくさ。
ゲームの話、音楽の話
ライトノベル・ジャンプの感想。
ちょっと不思議な話、オカルトの話。
時々、健康に関する話題やエクササイズの話など
とりとめなく書いています。

金魚
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。