QLOOKアクセス解析

野ぶどう色

気に入ったアイテム、ジャンプ感想、音楽、健康に関する日記…主要記事は「メニュー」に項目とリンクがあります。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

児童ポルノ法改正と日本ユニセフ 

mixiのネイキッドスネークさんの記事より
(多くの人に知ってもらいたいので転用はフリー、とのことです)

あなたは日本ユニセフ協会を信頼できますか?

○国連ユニセフから届いたかのように装ったダイレクトメール。
○どこから情報を得たのかわからない住所、氏名の印刷されたシール。
○集まった寄付金のうちから 25 億円をかけて一等地に建てたユニセフハウス。
○国連ユニセフと協定を結び、集まった寄付金の 25%までは収入として受領。
○外国人登録者アグネス・チャン氏に、独自に、「大使」という肩書きを付与。
○日本でただ一人の、国連の親善大使は黒柳徹子さんとは寄付の窓口が別。


これらの事実をあなたは知っていますか?

これらの事実を明確にせず、あたかも国連ユニセフの下部組織のように思わせ、 寄付金を募る行為は、正当なのでしょうか?

●日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャン氏は、北京オリンピックの聖火リレーで妨害行為があった折には、「私には口ははさめない。政治的なことは持ち込んで欲しくない」と発言していましたが、 2009 年 6 月、日本の衆議院法務委員会に参考人として出席し、児童ポルノ法について「単純所持の禁止」を求めて意見を述べています。
●日本ユニセフ協会は、現在、中国政府によって弾圧が行われ、多くの子供達が犠牲になっているチベット、東トルキスタン(ウィグル) 、南モンゴル(内モンゴル)の惨状にはまったく触れませんが、ミャンマーのサイクロンや、四川大地震の復興のためには、「守りたい。すべての子どもの命と未来」と銘打って、寄付金を募ります。
●2008 年には、フィクション映画の「闇の子供たち」を、あたかもドキュメンタリーであるかのようにマスコミと協力して宣伝し、日本と日本人を貶めました。
●日本ユニセフ協会は、多数の役員、評議員を選任していますが、名簿には、報道機関関係者が多く名を連ねています。これには、どういう意図があるのでしょうか?
財団法人は公益を目的とし、非営利の法人として税制上の優遇措置を けています。

はたして、日本ユニセフ協会の活動は財団法人として相応しいものなのでしょうか?

さらに詳しくお知りになりたい方は
「 日本ユニセフ協会の謎」 で検索

☆日本でただ一人の、国連の親善大使である黒柳徹子さんは、日本ユニセフ協会とは別に、個人で口座を設け、集まった寄付金を国連ユニセフへ送金しています。
「一円も無駄にしたくない」という思いから、御礼状もダイレクトメールも送りません。
☆また、どこに、何を、どれだけ支援するかということは、国連ユニセフと話し合って決め、事後の確認もしています。


そういえば以前こういうのも記事にコピペしたっけな…↓
(最近これらが有名になってきてて、日本ユニセフがサイトに「ネット上の誹謗中傷云々」いう記事を上げたりした)

2013年が最終戦争の年になるだろう。
日本ユニセフ協会は現在、特例財団法人として活動しているが、
この制度が2013年11月に廃止されてしまう。

この時点で公益財団法人に移行できないと
特例公益増進法人の指定を受けられなくなってしまう。

特定公益増進法人への寄付は一般の寄付金控除枠とは別枠で損金算入できる。
これが日本ユニセフを通した寄付金ルートの最大のメリットであり、
彼らはなんとしても死守しなくてはならない。

もし公益財団法人への移行に失敗すると一般財団法人となってこのメリットを失う。
さらに一般財団法人への移行も失敗すると解散しなくてはならない。

日本ユニセフ協会が単なる民間団体であり、国連ユニセフとは別の国内組織に
すぎないという事実が一般に知れ渡ると、天下り利権団体として国民に廃止論がわき起こる。
それを彼らは一番恐れている。


彼らは2013年までなんとか廃止論を覆い隠し、特定公益増進法人認定を受けるためには
児童ポルノ撲滅を錦の御旗に反対意見を封殺し、大きな実績をあげようと必死なんだ。


日本にユニセフは二つもいらない



ゲームと犯罪と子どもたち
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2009/07/post-d271.html

「このレポートを読むと、「ゲームと子ども」の認識がいかに混乱しており、科学的データの誤用や似非科学、
ひいては政治的駆け引きにまみれていることが分かる。本書は、ゲームに対する誤った認識を植え付け、
保護者の恐怖を煽ったのは「報道」であると、はっきり述べている。暴力的なゲームが子どもたちを暴力的
にしているとか、ゲームのせいで残虐な犯罪が増えているといった事実は、ないのだ。本書は、ゲームに
限らず、テレビ、マンガ、映画、大衆小説といった新たなメディアが誕生した際、もっともらしくその弊害を
主張し、規制しようとした歴史を振り返る。 」



このブログの内容、本当にそうおもう。
いつだって、漫画とゲームは子供に悪影響をおよぼす元凶にされてきたんだ。
子供が、子供が、って言えばそれだけで深くモノを考えない人たちが味方になってくれるからね。



他、あちこちで知った情報。

NYタイムズ「30才から34才までの日本人の4分の1は処女か童貞」→ソースはWaiWaiでした
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1248874806/

ニューヨーク・タイムズが、リサ・カタヤマという日系人が書いた
「日本の男性、2次元キャラにしか恋できない」という記事を掲載
http://www.nytimes.com/2009/07/26/magazine/26FOB-2DLove-t.html?pagewanted=1

その記事の中に、「政府の調査によると、日本人の30才から34才までの4分の1以上が
処女か童貞」という記述

実際は、「”未婚の”日本人の30才から34才までの4分の1」だったことが判明
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou12_s/chapter2.html

2007年、WaiWaiが「日本人男性のほとんど4分の1が童貞」という同じような記事を
配信していたことが明らかに

記事を書いたリサ・カタヤマのブログが炎上中
http://www.boingboing.net/2009/07/23/love-in-2d.html
[ 2009/08/11 06:23 ] 変態新聞・報道関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

つゆくさ。

Author:つゆくさ。
ゲームの話、音楽の話
ライトノベル・ジャンプの感想。
ちょっと不思議な話、オカルトの話。
時々、健康に関する話題やエクササイズの話など
とりとめなく書いています。

金魚
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。